アーティスト

Uemura taro

植村 太郎

楽器: ヴァイオリン
公式ホームページ: 

桑名生まれ、4歳の頃より母にヴァイオリンの手ほどきを受け、幼少のころより数々のコンクールで賞を受ける。
名古屋市立菊里高校、桐朋学園大学を首席卒業。ドイツ国立ハノーファー芸術大学、ジュネーヴ音楽院、ハンスアイスラー音楽大学ベルリン卒業。
 桐朋学園在学中には桐朋学園音楽部門特別奨学金を授与され、4年次に第74回日本音楽コンクール、ヴァイオリン部門にて第1位、同時に黒柳賞、レウカディア賞、鷲見賞、岩谷賞(聴衆賞)を受賞する。その後、御前演奏を行ったほか、ヨーロッパ、日本の各地でリサイタルを開催する。ソリストとして東京フィル、東京交響楽団、セントラル愛知交響楽団、プラハ交響楽団、名フィル、ザルツブルグモーツァルテウム管弦楽団他と共演。これまでにヴァイオリンを(故)久保田良作、原田幸一郎、漆原朝子、ガボー・タカーチ、シュテファン・ピカの各氏に師事。
 室内楽にも積極的に取り組み、2004年からジュピターカルテットの第一ヴァイオリン奏者として日本・アメリカ・ヨーロッパの音楽祭、コンサートに出演。コンサートマスターとして2007年より名古屋フィルハーモニー管弦楽団の客演コンサートマスターをつとめ、最近ではフランクフルト歌劇場管弦楽団に客演する。現在、ベルリンに拠点を置きヨーロッパを中心に演奏活動をしている。国内では、フコク生命パートナー・アーティスト、名フィル客演コンサートマスターなどを務める。

日時会場公演タイトル
2016-09-0812:10丸の内トラストタワーN館・1階エントランスホール 植村太郎&保屋野美和 これぞクラシック!

新着ニュース


Trustcity

Agnes

Sunshinecruise