アーティスト

Tsuboi yuka

坪井 悠佳

楽器: ヴァイオリン
公式ホームページ: 

4歳からヴァイオリンを始める。94年に渡英、メニューイン・スクールを卒業後、チューリッヒ芸術大学ソリストディプロムを修了。
全日本学生音楽コンクール東京大会(小学校部門)第3位。イギリスでパリキアン賞受賞。パドヴァ国際コンクール第1位。サラサーテ国際コンクールで第2位。ロドルフォ・リピツァー国際コンクール第4位。メニューイン卿より招聘され、ドイツで同卿指揮フィルハーモニア・フンガリカとモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第3番を演奏し好評を博す。ロイヤルアルバートホールでのメニューイン80歳記念コンサートやウィグモアホールでのコンサートに出演。また、アルメニア交響楽団、アルゴヴィア交響楽団、アカデミッシェス・オーケストラ・チューリッヒ、ナヴァラ管弦楽団、アレッサンドリア管弦楽団などと共演。日本ではサントリーホール、東京文化会館、王子ホール、及び津田ホールなどでリサイタルを開催。
今までに恵藤久美子、フー・クン、アナ・チュマチェンコ、ザハール・ブロン各氏に師事。2005年から2015年までチューリッヒ芸術大学で世界的指導者ザハール・ブロン氏の助手を務め、ウィーンマスタークラス、ザルツブルグ・モーツァルトテウム・夏期アカデミーなどで教鞭をとる。
2005年より弦楽四重奏ガラテア・クァルテットを結成、カルミナ・クァルテットのシュテファン・ゲルナー、ECMA(ヨーロッパ室内楽アカデミー)でハット・バイエルレ各氏に師事。ジュネーブ国際コンクール第3位及び観衆賞、大阪国際コンクール第3位、ボルドー国際コンクールで特別賞、ミグロ室内楽コンクールで優勝。2013年東京春音楽祭に出演。
ソニークラシカルより発売されたデビューCD ”Landscapes(風景)” がヨーロッパで最も権威あるECHO-KLASSIK(ドイツ・グラミー賞)より、20・21世紀室内楽部門最優秀賞を受賞。チューリッヒ州より2013年度文化芸術賞を受賞。これまでに日本、インド、エジプト、アルゼンチン、中央及び東ヨーロッパ主要各都市にて演奏会を行う等、チューリッヒを拠点に精力的な活動を行っている。2014年春にソニークラシカルより2枚目のCD “ベル・エポック” を発売。

日時会場公演タイトル
2016-02-2512:10丸の内トラストタワーN館・1階エントランスホール 注目のバイオリニスト、坪井悠佳 繰り出される珠玉のヴァイオリン曲

新着ニュース


Trustcity

Agnes

Sunshinecruise