アーティスト

Kubota junko

久保田 潤子

楽器: バロック・ハープ
公式ホームページ: /artists/1730

東京学芸大学教育学部芸術課程音楽専攻声楽専修卒業。国立音楽大学研究所研修科修了。声楽を大島洋子、牧野正人、クラウディオ・カヴィーナの各氏に師事。 1999年イタリアに渡り、ミラノ市立音楽院古楽科にて、声楽、室内楽、中世音楽理論、ルネッサンス対位法、通奏低音などを学ぶ一方、マーラ・ガラッシ氏のもと、ヒストリカルハープの研鑽を積む。2003年帰国後は、イタリア初期バロック音楽を主なレパートリーとして、歌とハープによる演奏活動を行っている。また、ソプラノの藤井あやとENTHEOS(エンテオス)を、テノールとギターの金井隆之とkantoj(カントイ)を、バロックヴァイオリンの平松晶子、ヴィオラ・ダ・ガンバの米山水浦とconcerto Arioso(コンチェルト・アリオーゾ)を結成し、アンサンブル活動を精力的に行っている。 町田シティオペラ協会ソリスト会員。日本イタリア古楽協会、日本ヘンデル協会会員。宮地楽器音楽教室声楽講師。

日時会場公演タイトル
2016-11-2716:30丸ビルマルキューブMarunouchi Bright Christmas 2016

新着ニュース


Trustcity

Agnes

Sunshinecruise