アーティスト

Kageyama rino

景山 梨乃

楽器: ハープ
公式ホームページ: 

8歳よりハープを始める。
10歳からジュニアフィルに所属し、オーケストラで演奏する喜びを覚える。その後ベルリンフィル・カラヤンアカデミーで研鑽を積み、現在は東京交響楽団首席ハープ奏者。2000年日本ハープコンクールジュニア部門第1位、2006年同コンクールアドヴァンス部門第1位、2002年リリーラスキーヌ国際ハープコンクールジュニア部門第3位、2008年同コンクールシニア部門最高位(1位なしの2位)併せて特別賞受賞、2010年オランダ国際ハープコンクール第2位、同年USA国際ハープコンクール第2位併せてグリエール賞 (最優秀コンチェルト演奏賞)を受賞。2013年ジャック・タデイコンクー
ル第1位、2016年ミュンヘンARD国際音楽コンクールで第3位など、多数受賞。これまでにメドック音楽祭、ベートーヴェン音楽祭、セルビアハープフェスティバル、世界ハープ会議inバンクーバー、仙台クラシックフェスティバル、防府音楽祭、女性作曲家音楽祭等で招待演奏。NHK・FMリサイタルノヴァに出演。ソリストとして、新日本フィルハーモニックオーケストラ、日本フィルハーモニックオーケストラ、 仙台フィルハーモニー管弦楽団、イル・ド・フランス管弦楽団、シンフォニエッタ・パリ等とコンチェルトを共演。またミュンヘンARD国際音楽コンクールのファイナルではバイエルン放送交響楽団と共演した。室内楽ではフルートのエマニュエル・パユ、チェロのルートヴィヒ・クヴァント等と共演。東京藝術大学付属音楽高等学校を経て2008年同大学入学。学内にて福島賞、平山郁夫文化芸術賞を受賞。2009年よりフジテレビより給付金を得てパリエコールノルマル音楽院に在籍。2011年、同音楽院最高ディプロムを審査員満場一致と特別評価を受け取得。その後ベルリン芸術大学で学び、同時にベルリンフィル・カラヤンアカデミー修了。2013、2014年度(財)ロームミュージックファンデーション奨学生。これまでに渡辺かや、篠崎史子、早川りさこ、松井久子、イザベル・ペラン、 マリー=ピエール・ラングラメ各氏に師事。

日時会場公演タイトル
2017-12-1412:10丸の内トラストタワーN館・1階エントランスホール クリスマスに煌めく繊細な調べ 美しき三重奏の妙

新着ニュース


Trustcity

Agnes

Sunshinecruise