アーティスト

Hattori yoko

服部 容子

楽器: ピアノ
公式ホームページ: 

数多くの国内外オペラプロダクションにコレペティトゥアとして参加、プロンプター、副指揮者も務め、総合力を持った音楽スタッフとしてキャリアを積む。これまでに東京二期会、日生劇場、サイトウキネンフェスティヴァル、新国立劇場など200プロダクション以上に参加。
オペラチェンバリストとして1991年文化庁オペラ研修所第9期公演『フィガロの結婚』でデビュー。またリサイタルピアニストとして多数の著名歌手のパートナーを務める。2009年1月より日本声楽家協会独演コンサートシリーズ『声とピアノのアンサンブル』にて構成とピアノを担当、著名歌手をゲストに伴奏とピアノソロを展開中。2011年4月より指揮者冨平恭平と2台ピアノシリーズ『2台のピアノの物語』を開始、2016年8月4回目を開催予定。2013年4月静岡室内歌劇場にて、林光『森は生きている』で指揮者デビュー。
桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業。二期会コレペティトゥア塾修了。1996年度文化庁在外派遣研修員として米国留学。
現在東京音楽大学専任講師。東京藝術大学大学院、お茶の水女子大学ならびに聖徳大学非常勤講師。日本声楽アカデミー会員。

日時会場公演タイトル
2015-08-1912:00アグネスホテル第125回アグネスホテルランチタイムコンサート ウィーンで学んだアルト石井藍が贈る、真夏の昼のドイツ歌曲